コインランドリー専用IoTシステム「Smart Laundry」がインボイス制度対応にアップデート

コインランドリー専用IoTシステム「Smart Laundry」が9月13日にアップデートを行い、2023年10月1日より導入が予定されている適格請求書保存方式(インボイス制度)に対応した「適格簡易請求書(簡易インボイス)」を発行できるようになりました。

今回のアップデートは、「Smart Laundry」の領収書発行機能の強化となっており、オーナーが管理画面から事業者情報の入力を行えるようになりました。

事業者情報は即時反映されるため、10月1日の施行を前に余裕を持って準備していただくことができます。

インボイス制度に対応することで、「Smart Laundry」導入のコインランドリーを利用されている法人顧客には引き続き安心してご利用いただくことができます。なお、顧客の領収書発行手続きは、これまでと変更なくアプリからも店頭のタッチパネルからもおこなうことができます。

▼「Smart Laundry」導入店舗検索はこちらから(外部サイト)
Smart Laundry 導入店舗一覧

▼参考情報(外部サイト)
国税庁:インボイス制度特設サイト
国税庁:消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関するQ&A

関連記事

  1. 「Smart Laundry」にクレジットカード情報保持機能…

  2. クラウド健康管理システム「mediment」を導入

  3. シャープ株式会社の導入事例に紹介していただきました

  4. 中小企業初のIT賞最優秀賞、wash-plusがIT戦略総合…

  5. 「 スマートランドリーwash+」は世界初の洗剤レスランドリー! 新しいコインランドリーの歴史を一緒に作っていきませんか?

    NHK WORLD「BIZ STREAM」より取材を受けまし…

  6. 「第52回国際ホテル・レストラン・ショー(HCJ2024)」…

PAGE TOP

加盟店募集